ホーム > まちの取り組み > 呉市
防災意識のきっかけづくりを
 こんにちは!
防災ガールの荒木です!
今回は、広島県呉市にある東消防局の防災センターにお邪魔しました。
こちら! フォーエール君がお出迎え!
 「防災センター」と一言で言ってしまうとどこにでもあるものなのですが、こちらの正式な名称は「呉市コミュニティ防災センター」というそうです。市民の方に少しでもわかりやすく防災の知識を提供したいとおっしゃる、所長の神垣さんと指導員の松室さんにお話を伺ってきました。
所長の神垣さん(左)、指導員の松室さん(右)
お二人とも以前は消防士として働かれていたそうです
───
本日はよろしくお願いします!
神垣
はい、よろしくお願いします。
───
こちらの施設ではどのような活動をされているのでしょうか?
神垣
ここは当センターにお越しいただいた方に様々な防災に対する教育をおこなう施設になっています。地震のこと、消火器のこと、煙のこと、ガス爆発のことなど、基本的でも意外と知らないことの多い防災や災害に関して幅広くお伝えしています。私たちをきっかけに、日常的に防災への意識を高めていって頂けたらと思っています。
───
なるほど。基本的なことって意外と知らないことが多いのかもしれませんね。実際こちらには年間どのくらいの方がいらっしゃるのでしょうか?
神垣
年間6500~7000人の方に足を運んで頂いています。市内の方も多くいらっしゃいますが、県外からも今年だけで8団体、外国の方も4月から500人弱訪れています。
───
外国や県外からも来られるのですね! その理由はなぜだとお考えですか?
神垣
呉市は広島市に比べると人口も少なく、20万都市と呼ばれています。防災センターの規模も設備も、広島市には敵いません。しかし、当防災センターは正式には「コミュニティ防災センター」と言い、その役割としては充実したものを用意しています。親しみやすさや分かりやすさはもちろん、どんな方も無料で見学・体験をすることができます。これから荒木さんにもご案内します!
───
ありがとうございます。ドキドキですが早速よろしくお願いします!
まずはこのような災害や防災に関するスライドショーからスタート!
消火器の仕組みや種類まで丁寧に教えてくださいました
ガスと火気の危険性に関しても、実際に実験してくださいました
 こちらで紹介できるのはほんの一部ですが、他にも煙室体験や地震体験の施設、消化体験ゲームもあり1時間の体験はあっという間でした。
神垣
どうでしたか?
───
丁寧に説明して頂きとても楽しかったです。地震のメカニズムや緊急地震速報の仕組みなど、知っているようで知らないことも多いなと改めて思い大変勉強になりました。
神垣
それは良かったです。基本的に体験や見学への予約は不要なのですが、事前にご連絡いただければ要望に沿ったご案内もできます。
───
そうなのですね。それぞれの希望に合った学びができるのはいいですね! 最後になるのですが、このコラムを読まれる方に何かメッセージをお願いします。
神垣
私達は、一人でも多くの人の防災意識を高めるような防災指導をしていきたいと考えています。いざという時のために備えておかないといけない防災知識の必要性・重要性を、幅広く、そして分かりやすくお届けしたい。ここに一回来る事ことで災害についてのすべてが分かる訳ではないけれども、きっかけとしてどんどん利用してください。そうすることで自分の勉強にもなり、周りへ広めるきっかけにもなります。私たちも中身を充実させたり、ここに防災センターがあるということを知って頂くためのPR活動を今後も続けていきます。
ホームページだけでは分からない情報もここにはたくさんありますので、とにかくぜひ一度来て頂いて、それを周りの人とシェアして頂くことで広島全体に防災の意識が広がっていけばいいと思います。
───
ありがとうございました!
 所長の神垣さんはとても気さくで優しい方でした。質問にも丁寧にお答え頂き、終始明るい雰囲気でのインタビューとなりました。
 「防災センター」といわれると自分から足を運ぶ機会も中々ないと思いますが、こちらはコミュニティ防災センターとして、所長はじめ指導員の方も地域のことや市民の皆さんのことを真剣に考えていて、訪れる方ととても距離が近い印象を受けました。
ぜひお近くの方は一度足を運んでみてくださいね。
Writer:一般社団法人 防災ガール 荒木萌