事業承継をお考えの経営者の皆さま お悩みを抱えていませんか?
  • 会社を他人に渡したくない
  • 親族が揉めないように承継したい
  • 親族が事業の引き継ぎを嫌がっている
  • 身近に承継できる者がいない
  • 会社の売却先が見つからない
  • 会社の譲渡先が見つからない
POINT

POINT事業を承継するには?

事業を承継するには?

事業承継は経営者の方にとって、ご自分で築き上げた事業をどうやって誰に残していくのか頭を悩ませる大きな課題です。事業を承継するには、やるべきことや問題があまりに多く、一つ一つの問題の解決を図るだけでも、時間もかかり大変です。

日本の中小企業の事業承継で最も多いのは、ご親族の方が承継されるケースです。しかし、親族の方が事業を承継される場合でも、「親族の内、誰に承継するのか」「他の親族の不満を解消できるか」「承継後の事業運営は大丈夫だろうか」など、さまざまな不安があります。

また、「親族の方が事業の承継を嫌がる」「引き継がせたい親族がいない」場合などは、「従業員からの抜擢人事」「社外の有能な人物の招聘」によって事業を承継するやり方があります。ある特定の人物に承継が難しいようであれば、事業を優良企業へ「譲渡」「売却」するという選択肢もあります。

いずれにしても、ご自身の育てた会社を譲り渡すには、会社の経営、資産、従業員をどうするか、それぞれの問題の解決を図り、納得できる承継を行うことが必要です。経営者の方が一人で事業運営を行いながら、考え解決するのは大変なことです。

事業承継は、一度は通る道です。「まだまだ大丈夫」と思わずに、早めに専門家に相談し、準備をはじめられることをお勧めします